<   2010年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

もうすこし考えてみます


コーヒー豆は米や野菜などと同じように自然環境や気候に大きく影響される

従って同じ国、同じ農園の豆でも、いつも同じ出来とは限らない


Jazzyで使っているアフリカのある国の豆の品質が最近極端に落ちた

不良欠点豆の混入率がべらぼうに高くなってきたのだ

たまらず豆を替えてみることにした

同じ国の別の農園の豆にしてみたのだが、今度は別の弊害が出た


いままでその豆はJazzyの人気のオリジナルブレンドに使っていた豆で

その豆を替えたことにより、ブレンドの味が全く違うものになってしまった

これではいけないので、仕方なくブレンド用には元の豆を使わざるを得ない


しかし困った

品質を確保するために不良欠点豆を徹底的に取除くと3~4割くらい取除くことになる

これではコスト的にも、労力的にもとてもキツイ

また再び綺麗な豆が生産され入ってくる日まで頑張るしかないのか

もうすこし考えてみます
[PR]
by jazzybeans2 | 2010-06-29 19:44 | Comments(0)

カシャ・カシャ・カシャ・カシャ と良い音がするととてもプロっぽい


カメラの設計ではシャッター音にこだわり、メーカーの多くの技術が注がれる

実際はシャッターの開閉の音ではなく、一眼レフカメラのミラーが跳ね上がる音だが

特に連写のときのカシャ・カシャ・カシャ・カシャ と良い音がするととてもプロっぽくて

モデル撮影会などでは、モデルさんも気分良くいい表情をしてくれる (らしい)


ものには本来の機能とは直接関係ないところでそのものの価値をあげるものがあり

シャッター音はその良い例だといえる


コーヒーでは、豆の焼き上がりが綺麗なことと味はどちらかというと直接関係ない

豆が綺麗だからといって必ず美味しいとは限らない

でも、綺麗な豆のほうが美味しそうに見える

それも自家焙煎店のウリのひとつだと思う

そこで、一生懸命ハンドピックに日々精を出す・・・ということになる
[PR]
by jazzybeans2 | 2010-06-27 19:12 | Comments(0)

若い女性ふたり連れのお客様が


若い女性ふたり連れのお客様がJAzzyにいらっしゃった

それにしても若すぎる

どうみても小学生の5年生か6年生

一応お客様なので「いらっしゃませ」と言うと

ふたりは顔を見合わせふふっと笑い「ここは何のお店なんですか?」


ふたりは近所の子供で、以前から何か気になる店だが何をしている店か分らず

今日思い切って入ってみたとのこと

もちろんコーヒーは売りもせず、買いもせず

帰りにカウンターの上にあったキャンディを「これもらっていいですか」といって

手にとり、また顔を見合わせふふっと笑って帰って行った


営業的には非常に良いお客様である

将来的にJazzyのお客さまになる可能性もあるが

それより、今日の夕飯の時にでも家族のひとに

「いい香りがしていたよ」 とか

「いい音楽が鳴っていたよ」 とか

「お店の人は怖い人ではなかったよ」 とか

話題に出してもらえば、これ以上の宣伝はない


でも、無理だ

ワールドカップの話題に割り込めるとは思えない
[PR]
by jazzybeans2 | 2010-06-25 18:46 | Comments(0)

高岡市に6月30日にオープンする「ダイニング カタギリ」


Jazzyのコーヒーが飲めるレストランがまたひとつできました

高岡市に6月30日にオープンする 「ダイニング カタギリ」 です

ランチにも、休憩のスィーツにも、家族での夕食、グループのパーティなどにもぜひどうぞ


c0220824_7172846.jpg

c0220824_7155037.jpg



これで、Jazzyのコーヒーが飲めるレストランが石川、富山、福井と北陸3県に揃いました


たくさんの方に飲んでいただけるというたいへん嬉しい反面

皆さんから愛されるコーヒーを出し続けなければならないというプレッシャー

プレッシャーを楽しんできます・・・などと言う日本代表の選手のよう
[PR]
by jazzybeans2 | 2010-06-24 07:38 | Comments(0)

沖縄のお客様がJazzyのお店に


沖縄にお住まいのJazzyのお客様がお店を訪ねてみえた

もちろんわざわざJazzyを訪ねることが目的ではなく

富山で学会があり、そのついでに寄って見たということらしいが

びっくりして、嬉しくて、てんやわんや

なにしろJazzyのお客様のなかでは最も遠い所にお住まいのお客様ですから


そこで、「嬉しいお客さま」 ランキング

 ・遠路はるばる来ていただけるお客様

 ・家族(ご夫婦、親子)で来ていただけるお客様

 ・○○さんから聞いて来ましたというお客様

 ・毎週、隔週、毎月決まって来ていただけるお客様

 ・たまにふっと来ていただけるお客様

 ・職場の人の分をまとめて注文していただけるお客様

 ・定休日なのに 「今から行きます」 と言って来るお客様

 ・仕事中にふらっと寄って休憩していくお客様

あっ、いちばん大事なのを忘れていました

 ・「○○(コーヒーゼリーなど)作ってみました」 といって持ってきてくれるお客様

これがいちばん嬉しい・・


いやいや、Jazzyのコーヒーを愛していただいているすべてのお客様に感謝です

ほんとうにありがとうございます
[PR]
by jazzybeans2 | 2010-06-20 19:32 | Comments(2)

車をただひたすら走らせ


車をただひたすら走らせ見知らぬ東北の山の中を仙人か山伏がごとく彷徨い歩いていた

ここのところずっと思い悩んでいた

子育ては既に終わっているものと思っていたが、実はまだ終わっていなかった

また、家族の絆というものは出来ているのだろうか

いやまったくお粗末なものだ

そして、父親とは、一家の主人とはどうあるべきだったのだろうか

自分はどのようにしてきたか


人生70年か80年か

しかし、自分の意思で自分の力だけで考えたり行動できるのはせいぜい70歳までとして

あと10余年、干支一回り分しか残されていない

そこまできているのにいったい何をしているのか


結論が出るはずもなく

「 あっ、コーヒー焼かなきゃ 」 と思い立ち、またひたすら数百キロ車を走らせてきた
[PR]
by jazzybeans2 | 2010-06-17 22:33 | Comments(2)

タイヤ4本とも新品にする必要がありますか


Jazzy の隣に住家がある 築18年。

先日、Dハウスの 「住まいの点検」 なるものをしてもらったら

なんと ベランダの防水シートの合せ目などにわずかな亀裂らしきものが見つかった

Dハウスいわく

「防水は家のいちばん肝心なところなので すぐに修理する必要があります」

・・・確かにそうだね

「つきましては、ベランダ全体の防水シートとその下地、まわりを抑えている金具 すべて新しくする

必要があります」 ・・・えっ、そこまでやるの??? 

いったいいくらかかるのか、ちょっと心配になってきた

「はい、この広さですと50万円です」

・・・えっ、そんなにかかるの。痛んでいるところだけ修理する方法はないの??

「防水の補修にはベランダ全体をやる方法しかハウスメーカーとしてはありえません」

・・・なにか納得がいかない


車のタイヤがパンクした ディーラーへもっていったら

「はい、タイヤ4本とも新品にする必要があります。タイヤは車の安全に一番大切なものですから」

と言われたような

普通、パンクしたところを探して、そこを修理するんじゃないの


懇意にしている職人のKさんに相談してみた

「またちゃんと見させてもらいますが、おそらく数万円もかけずにできますよ 今度見てみます。」

ありがと~    Kさんはほんと神様仏様です
[PR]
by jazzybeans2 | 2010-06-01 08:44 | Comments(0)

珈琲豆自家焙煎jazzy


by jazzy
プロフィールを見る
画像一覧