<   2010年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

やはり書いてしまう


バンクーバー冬季オリンピックもそろそろ終盤

明日の女子フィギアフリーで最高潮に盛り上がりそうですが

インターネット上で今、何億というオリンピックに関する記事が

書かれていると思うと、自分は書くのはやめようと思っていたけど、やはり書いてしまう


オリンピックなどの世界大会を見ていていつも思うことである

競技そのもののすばらしさを見るのではなく、日本人が勝つか負けるか

だけを気にして見ている (マスコミも同じである)

1位、2位、3位に日本人が入っていなくても、メダルをとった人(国)は

どんな凄い記録を出したのか、どんなにすばらしい競技をしたのかもっと伝えるべきだと思う

日本人のみを気にするのは、愛国心と言えば良いようだが、いかにも小さい

ましてや、相手(国)が失敗してくれないか心の奥で祈っていたりする自分に気づき情けなくなる


もうひとつ妄想してみた

もしもコーヒー焙煎のオリンピックがあったら・・

いつものホームグランドではない、つまりいつも使っている焙煎機とは勝手が違う

気候が違う、気温、湿度、風量、気圧がいつもと違うなかで微妙に調整しなければならない

何千、何万という観客の前で焙煎しなければならない

4年に一回というチャンスに最高のコンディションを合わせなければならない

体調を崩して味や香りが分からない状態では話しにならない

日の丸を背負って他国の強敵と戦うことになる

いや~、とてもとても普段どおりの実力を出せそうにもない


コーヒー豆なら津幡町の珈琲自家焙煎『Jazzy』のトップページへ

[PR]
by jazzybeans2 | 2010-02-25 19:50 | Comments(0)

満天の星空に下弦の月も出て・・


Jazzyのある津幡緑が丘は、文字通り山を切り開いた緑の丘にある

従って、星が非常に綺麗でそしてたくさん見える

そのせいか自宅に天文台を作って、中には巨大な望遠鏡を備えている家が何軒もある


Jazzyの裏の家にもあり、今晩のように晴れて澄み切った夜空にむけて

開けられた天井から大きな望遠鏡が出ている

満天の星空に下弦の月も出ていてとても綺麗である

ところが、天文台が開けられていることに実は気がついていなくて

明日発送の分の焙煎を今晩中にしなければならないことしか頭になく

モクモクと焙煎の煙を撒き散らしてしまった

気がついたときには既に遅く、望遠鏡の周りにも漂ってに違いない

ご、ごめんなさい・・

せめて、良い香りも漂っていたことを祈ります


コーヒー豆なら津幡町の珈琲自家焙煎『Jazzy』のトップページへ
[PR]
by jazzybeans2 | 2010-02-23 22:00 | Comments(0)

Jazzyとしての美味しいコーヒー


1月からメニューに入れたマンデリン・プロアドミールの焙煎度が実はまだ決まっていない

というと、既に買い求めていただいた皆様には申し訳ないですが

「深煎り」にすべきか「中深煎り」にすべきか振れている


コーヒーの焙煎には正解はないと言われる

焙煎されたコーヒーを飲んで旨いと思うか、自分の口に合うか合わないかであり

正解とか間違いとかではないということである

例えば、多くのロースターはモカを浅煎りにするが、ある店では深煎りにして人気を得ている

また、生豆を何年もねかせて(あえて古米のようにして)良しとしているロースターもいる

どのように焙煎されたコーヒーにも、好きだという人と合わないという人が必ず両方存在する

しかし、本当のところはそれぞれの豆にはどこかにベストな焙煎ポイントがあるのだと思うが・・・


・・・で、Jazzyのマンデリン・プロアドミールは

「深煎り」でいちばん持ち味が出るといわれているが、

自分でいろいろ試してみた結果を信じて「中深煎り」でいこうと思っている

Jazzyとしての美味しいコーヒーを目指して


コーヒー豆なら津幡町の珈琲自家焙煎『Jazzy』のトップページへ


[PR]
by jazzybeans2 | 2010-02-19 21:30 | Comments(2)

何をしちゃいけないのか、どこまでは許されるのか


ただいま喪中です

49日法要が終わるまで、喪に服さなければならない

しかし、何をしちゃいけないのか、どこまでは許されるのか分かっていない

この間お祝い事はしないなど漠然と分かるが、実のところ良く分からない

まず思いつくのが肉、魚は食べてはいけないということ

しかし、故人が好きだったとかなんとか理由をつけて毎日食している

そのくせ、カミさんはこんなときに美容院には行けないよねと断念した

判断基準がどこにあるのかまったく支離滅裂である

また、和室の畳が介護用ベットや車椅子に踏みつけられてボロボロなので

取替えて綺麗にしたいが、はたしてどうしたものか

やはり、49日が終わるまで待つべきか


そしてもうひとつ、じっと我慢していることがある

写真の好きな方から、高岡の雨晴海岸へ朝日を撮りに行きましょうと誘われている

手前に奇岩の島を配し富山湾越しに見える立山連峰から昇る朝日は絶景で

特に寒さの厳しい今の時期が最高なのであるが

実はこれも、今は行ってはいけないような気がして待ってもらっている

  ・・・本当に喪に服すこととはかなりかけ離れて本末転倒のようです


c0220824_22492162.jpg

 <昨年1月雨晴海岸より撮影>


コーヒー豆なら津幡町の珈琲自家焙煎『Jazzy』のトップページへ
[PR]
by jazzybeans2 | 2010-02-17 22:59 | Comments(0)

ダイレクト・メールのヒット率


いわゆる新聞のおくやみ欄

今回の葬儀で富山県内の地方紙を含め5紙に掲載された

このおくやみ欄の効果というか威力はもの凄い

本来この欄はご近所の方、知人の方にお知らせするもので

実際、新聞をみてびっくりして来ましたと言う方が何人かいらっしゃいました

ところが驚いたのは、まず故人の銀行口座がピタリと閉鎖されていたこと

市役所に届ける前に口座が全て止められていた

また、毎日のように送られてくるおびただしい数のダイレクトメール

仏具・仏壇店、法事法要の会場の案内、引出物のカタログ・・・

そして恐ろしくさえ思えたのは、不用品の引取りと家屋の解体を行う業者のもの


かつてビジネスのマーケティング戦略を考察するとき、某デパート○I○Iの

ダイレクト・メールのヒット率(必要な人に必要なタイミングでDMが届く確率)

の高さが話題になったことがある

普通は精々数パーセントのところ、丸井は顧客情報分析のノウハウから1割を超える

ヒット率を出していた

が、おくやみ欄からだとまさに10割である


それ以来、毎日おくやみ欄のチェックを欠かせない

もちろん、Jazzyの珈琲詰合せを法事の引出物に・・・というのではなく

お世話になった方々のもしもの時に礼を欠かないために・・である


コーヒー豆なら津幡町の珈琲自家焙煎『Jazzy』のトップページへ

[PR]
by jazzybeans2 | 2010-02-15 22:44 | Comments(0)

いささか疲れましたが


致し方ないこととはいえ

永らく店を休みまして申し訳ございませんでした。


本日から店を開けるために、昨日何日ぶりかで焙煎したのですが

風邪気味でどうも味が分からない

豆の色、艶、皺の伸び具合などからある程度判断できるものの

テースティングできない状態で販売して申し訳ございません

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この度は喪主を務めることになり、いささか疲れましたが

故人は最後に大きな役割を果たす

それは、自分の死をもって親類縁者を一同に集めてくれることである

何年ぶりかで会う人がいたり、なかには何十年ぶりという人も

故人には申し訳ないけど、こういう機会でもないとなかなか会えない

ので、この貢献度は大きい。

昔からの親戚縁者の人々とお話していると

なぜか懐かしいだけでなく、安らぎを感じて更に元気が出てくる

自分のルーツに触れることになるからだろうか

式を終え、また普段の営みに戻るため帰路に着く

皆のその姿に、明日への活力をみなぎらせているように見える


コーヒー豆なら津幡町の珈琲自家焙煎『Jazzy』のトップページへ
[PR]
by jazzybeans2 | 2010-02-14 19:11 | Comments(0)

臨時休業中です



ただいま喪中につき臨時休業中です

 2月14日(日)より通常営業いたします


お知らせが遅くなり申し訳ございませんでした
[PR]
by jazzybeans2 | 2010-02-11 21:38 | Comments(0)

ハンドピックの話 第○弾


もう何回目になるか忘れましたが、またまたハンドピックのことです

Jazzyでは、生豆の不良欠点の判断は虫食い豆、醗酵豆、カビ豆などはもちろんであるが

大きすぎる豆、小さすぎる豆、色が他の豆と違いすぎる豆(黒すぎる、白すぎる)

形がいびつな豆もはじき出す。疑わしきは、はじき出す(人間社会ではあってはならないけど)


かつてスーパーで売られる野菜は皆きれいに揃えられていて、形の悪いものは棄てられていた

一方で「もったいない」との批判があり、不揃いな形の悪いものを集めて売っているところも現れた

味には違いないということなのだろう


しかし、コーヒー豆の焙煎においては不揃いな豆は良くない

大きさ・質量が違えば同じ火力を当てても焼け方に違いが出る

また、色の違いは乾燥、保存状態の違いによるもので、

豆に含まれる水分量にバラツキがでているのである

これらは、いわゆる炒りムラの原因になり、結果的に旨いコーヒーできないのである


ハンドピックは大変だし、すればするほど目減りするけれど、

「すべては美味しいコーヒーのために」 ・・である。


ちなみに、不揃いな野菜は調理をするとき、大きさを揃えて切るから問題ないのですね


コーヒー豆なら津幡町の珈琲自家焙煎『Jazzy』のトップページへ
[PR]
by jazzybeans2 | 2010-02-04 19:48 | Comments(0)

ものを選ぶとき


聞き覚えの無い声で電話がかかってくる

多い日は2,3本かかってくる

保険を見直しませんか・・  携帯電話の料金を少なくできますよ・・  オール電化に・・・

今日は、ホームページをもっと効果のでるようにしませんか・・だった

即、丁寧にお断りした

あなたがうちのHPを見て電話をしてきたのですから、今ので十分訴求力があると思います・・と


第一、突然見知らぬ人からの電話を受けて、それではお願いしますなんてあると思っている

のだろうか

ものを選ぶとき、その商品そのものを見て判断しているようで、実は無意識ではあるが

それを売っている人、勧めている人であり、店であり、会社を見ているのである


コーヒー豆なら津幡町の珈琲自家焙煎『Jazzy』のトップページへ
[PR]
by jazzybeans2 | 2010-02-02 22:23 | Comments(0)

津幡町の美味しいコーヒー屋


コメダ珈琲がいよいよ金沢に進出とのこと

強力なライバルの登場に焦っているお店も多いと思うが

ちなみにJazzyとしては「別に・・」という感じ

というよりむしろ歓迎です


常々思うことであるが、本当に美味しいコーヒー店がもっともっとできていいと思っている

金沢というさして大きくもない商圏でパイを争うと考えればたいへんだが

コーヒー愛飲者のパイはまだまだ大きくなると思う

美味しいコーヒーに出会えばコーヒーファンはもっと増えていくに違いない

一度美味しいコーヒーを味わったら、もうインスタントや缶コーヒーには戻れないから

コーヒー業界全体が切磋琢磨し

ただ美味しいコーヒーの焙煎に日々努めるのみである


津幡にこんな美味しいコーヒー屋があったのかと言われる日まで



コーヒー豆なら津幡町の珈琲自家焙煎『Jazzy』のトップページへ

[PR]
by jazzybeans2 | 2010-02-01 21:22 | Comments(0)

珈琲豆自家焙煎jazzy


by jazzy
プロフィールを見る
画像一覧